12月のスキンケアアドバイス 〜くま〜


こんにちは。

もう少しで今年も終わり!

お肌も綺麗にして新しい年を迎えたいところです♪

今回は〜くま〜について書きます

なぜかいつも「疲れてる?」と聞かれるひとはいませんか?

寝不足や、疲れはすぐに顔にでてしまいます。。。(若い時はそんなことはなかったんだけどなぁ)

とくに疲れは目元にあらわれやすいので、その対処法についてみなさんとシェアをしていきますね

 

「くま」のケアといえば思いつくのがホットタオルなどで温めたり、冷やしたり、マッサージをするなどがありますね

でも、くまは、種類があり、ケアの方法も変わってきます

大まかにいうと、くまには3種類あります

「青ぐま」「黒ぐま」「茶ぐま」です

手鏡を準備してください♪

自分のくまがどんなタイプか調べてみましょう

⭐︎指で皮膚を引っ張ると薄くなりますが、完全には消えない。メイクで隠れる

→青ぐまです

⭐︎影なので、上を向いたり、指で皮膚を引っ張ったりすると薄くなります メイクでは隠れません

→黒ぐまです

⭐︎色素沈着なので、指で皮膚を引っ張っても薄くなりません。メイクで隠れる

→茶ぐまです

 

では対処法についてです♪

青ぐま

青ぐまは、血行不良と冷えによるものなので、血行促進することが大切

まずは適度な運動を習慣にして、全身の血行をよくしましょう

中でも、ウォーキングは、簡単にできて効率もよくおすすめです

またパソコンを見ている時間が長いひとは、仕事の合間に、首や肩をほぐすストレッチをすることも有効です

青ぐまは、生まれつきの方もおります

目元の血液の流れをスムーズにする方法として、マッサージやツボ押しがあります

ただし皮膚の薄い目のまわりのマッサージは難しく、自己流で行うとかえって肌を刺激することもあるので、ホームケアの場合はツボ押しがおすすめです

ツボ押しは、洗顔後、化粧水や美容液などをつけたあとで行います

上に押し上げる時は親指

それ以外は中指で押すのが基本です

気持ちいいくらいの強さで3秒押してパッと離す これを3セット行います

 

おすすめツボ3選♪

睛明(せいめい)、、、左右の目頭のすこし鼻よりにあるくぼみです

球後(きゅうご)、、、左右の目尻から、四分の一ほど目頭側に入ったとことの骨のふち(わかりにくくてごめんなさい!)です

四白(しはく)、、、瞳の真下の骨のふちから指幅1から1.5本分ほど下にあるくぼみです(これもわかりにくくてごめんなさい!!)

 

 

黒ぐま

黒ぐまの原因は、下まぶたの皮膚のコラーゲンが減って薄くなることです

弾力を司るコラーゲンを増やすために有効なのが「線維芽細胞」を刺激する成分です

レチノールやビタミンC誘導体、ナイアシンなどがあります

このような成分の入っている美容液やクリームを日々のケアにプラスしましょう

あわせて行いたいのが、週に1から2回のピーリング(角質ケア)です

角質を適度に除去することで、コラーゲンの産生機能が高まり、美容液やクリームの浸透もよくなります

 

茶ぐま

シミやくすみなどが目の下にできて、くまのように見えるのが茶ぐまです

美白成分が配合されているアイクリームを使いましょう

イオン導入やポレーションも有効です

芽の周りをこするクセのある人は、刺激によって目元がくすんできてしまうことがあります

洗顔やクレンジング、マッサージのときに目の周りを強くこすっていないか見直してみましょう

茶ぐまのケアにはピーリングも有効です

茶ぐまの原因であるメラニンの排泄を促し、目元のくすみを効果的にケアします

また、目をこするくせなどでまぶたの皮膚が厚く硬くなっている人にもピーリングは有効

余分な角質を除去し、肌を柔らかくしてくれます

 

メイク

くまを隠す方法として一般的に知られているのは、オレンジ系やイエロー系などのコントロールカラーを使うこと

でもコントロールカラーはかぶれることがあるので皮膚の弱い方は注意が必要です

おすすめは、肌への負担が少ない固形コンシーラーを使うこと

少量でもカバー力が高いので、自然にカバーできます

やりがちNG

一般的には青ぐまにはオレンジ系

茶ぐまにはイエロー系などの明るい色のコントロールカラーが良いと言われています

ただしもともとの肌色と違う色をつけるとかえって不自然に見え、くまが目立つこともあります

肌色と同じか、一段くらい色のコンシーラーでカバーするのがおすすめです

 

 

今月おすすめのフェイシャルメニュー

新メニュー(期間限定)

 

「ツボリンパフェイシャル」

顔だけでなく、デコルテからしっかりリンパを流し

顔全体の経絡を刺激します

内臓の強化、肝機能促進(飲み会の多いこの時期にぴったり♪)

生殖器の強化、ホルモンバランスも整えます

蓄膿症、風邪、鼻づまりの予防、便秘の方にもおすすめです

 

furu

2016年12月4日 Furu blog No Comments

Share Your Thoughts

CAPTCHA