いま話題のローチョコレート♡


こんにちは

風が強くて窓がガタガタするのがこわい今日この頃、、

街はバレンタイン一色ですねー♡

チョコレート食べると幸せ物質がなんか出てきますよねぇ

さて最近目に付く「ローチョコレート」

なんだか美容にいいらしい!

ということで調べてみました!!
「ローチョコレート」

ローとは英語のrau=生 の意味で、非加熱のチョコレートのこと

具体的には原材料を加熱せずに48℃以下の低音でつくられるチョコを指しています

普通のチョコレートに使われているカカオは通常製造工程の中で高熱を加えているため、カカオ本来の酵素や栄養素の多くが失われています

さらに市販のチョコレートにおいては、多くの場合上白糖や乳化剤、乳製品を使用しており、添加物や砂糖を気にする方はちょっと、、と考えてしまいますよね
一方ローチョコレートで使用されるカカオは加熱せず、ナチュラルな状態で乾燥された「ローカカオ」を使いますので、カカオにもともと含まれるポリフェノール、ビタミンE、カテキン、豊富なビタミン類などの栄養素が丸々摂取できます

さらに加熱された乳製品や白砂糖を使用しません

カカオに含まれるポリフェノールはガンや動脈硬化の原因になる活性酸素を取り除く働きがあります
アンチエイジング効果も◯

また、カカオに含まれるトリプトファンという成分は幸福度を向上させ、リラックスさせる効果もあります
テオブロミンという成分は食欲を抑制しますので、ダイエット効果も!

またカカオに含まれるPEA(フェニルエチルアミン)という物質は、幸福感やドキドキ感をもたらすことが期待でき「まるで恋をしている気分になれる」効果もあるそうです♡
作り方もインターネットに様々のっていましたが、はちみつを使ったレシピをひとつ紹介しますね

調理時間10分
出来上がり量 2人前

材料
ローカカオパウダー 大さじ8
ローカカオバター 110グラム
ローマヌカハニー 大さじ1
塩 少量
作り方
1、鍋でお湯を沸かし、人肌より少しあたたかくなれば火を止めてボウルに刻んだローカカオバターを溶かします

2、ローカカオパウダーとローマヌカハニー、塩を加えてよく混ぜ合わせ、湯煎から下ろし、冷ました後、再度人肌より少しあたたかいお湯で湯煎し、冷まします

3、好きな容器やバットに入れて冷めた後に冷蔵庫で1時間冷やしかためます

注意点もあります

カカオが高濃度で含まれているので、短時間での食べ過ぎは体質によって急性中毒など気分が悪くなることがあるそうです

1日2粒程度にし、食べるのは寝る時間の4〜5時間前までにしましょう
バレンタインに愛情こめた手作りローチョコレート。もらったら嬉しいですね♡
furu

2017年2月7日 Furu blog No Comments

Share Your Thoughts

CAPTCHA