「梅雨だる」 


最近、からだがだるくないですか?

この梅雨の時期、からだのだるさや肩こりなど、不調を感じる「梅雨だる」を訴える方が多いそうです。

ある調査ではなんと、女性の62パーセントがこの「梅雨だる」を感じているそうですよ!

梅雨があけると一気に気温が上昇し「夏バテ」につながってしまいます。原因と対策を知って、梅雨だるを解消していきましょう。

 

◯梅雨だるの原因

⭐︎低気圧が続く

大気が低気圧になると、身体は副交感神経が優位に働くようになります。副交感神経は、緊張をほぐして身体を休ませる神経ですので、身体がお休みモードになって、「だるい」「やる気がでない」と感じてしまうのです。

また、低気圧が続くと「ヒスタミン」という炎症物質の分泌が多くなり、肩こり、偏頭痛などがひどくなる場合があります。

⭐︎気温の寒暖差

この時期は、雨で気温がぐっと下がったかと思うと、翌日は真夏のような暑さになったり、同じ1日でも朝夕は冷え込んだりと、気温差の激しい時期でもあります。このような気温差は、身体にとってストレスやダメージとなり、疲れやすくなってしまうものです。

⭐︎湿邪(しつじゃ)

「湿邪」とは、体内の余分な水分が引き金となって消化器系に影響をおよぼし、だるさや、食欲不振、消化不良、下痢や便秘を引き起こす病気のこと。湿度が高く、身体の代謝も落ちがちなこの時期にかかりやすくなります。

 

◯「梅雨だる」の解消方法

⭐︎自律神経のバランスを整える

起きているときに、交感神経が、休んでいるときに副交感神経が優位に働くよう、生体リズムを整えるような生活習慣を心がけましょう。

・朝起きたらカーテンを開け光を浴び、体内時計をリセット

・(雨やくもりでもカーテンを開け、部屋を明るくしましょう)

・きちんと朝食をとって活動モードに

・日中は意識して活動的に

・ウォーキング、ジョギング、雨ならストレッチなど軽めの運動を習慣に

・夜はぬるめのお湯にゆっくりつかり心身をリラックス

・睡眠は充分に

 

⭐︎冷えに注意。こまめな体温調節を

気温の変化とともに、オフィスや電車などの冷房でも寒さを感じることがあると思います。薄手のカーディガンやストールを常に携帯し、冷えを感じたらすぐに羽織るようにしましょう。

また、暑いとき、湿度が高いと汗が蒸発しにくく、熱が体内にこもった状態になるので、エアコンをつけるときはドライ機能を使うと良いでしょう。

⭐︎加熱したあたたかい食事を中心に。栄養バランスの良い食事

体内の「湿」を増やし、「湿邪」につながってしまう冷たいものや生物の取りすぎに注意し、食品が傷みやすい時期でもありますので、できるだけ火を通して温めて食べることをおすすめします。

疲れをためないために、魚、鶏肉、大豆などから良質なタンパク質をしっかりと。活動のエネルギーとなる炭水化物や調子を整えるビタミン、ミネラルもバランス良く、充分にとるようにしましょう。

 

 

もし、体調の悪さを感じたら、一番の薬は「休息」だと思います。

休めない人は「気分転換」をしましょう。

気分転換には「発散」「没頭」「リラックス」の3種類があるそうです。

女性はおしゃべりするのも良いかもしれませんね。

 

 

furu

2016年7月5日 Furu blog No Comments

Share Your Thoughts

CAPTCHA